9月の法語その2

生のみが我らにあらず

死もまた我らなり

我ら生死を並有するものなり

 

明治の真宗大谷派の僧侶、清沢満之の言葉です。

生きることだけでなく、死を含めて私たちの生があります。

生があるから死があり、死があるから生があるのです。

病気になったから、怪我をしたから、そのような原因で死ぬのではない。

生まれた、という原因があるから死という結果がある。

生と死は一つ。片方が清く、片方が穢れているなんてことはありません。

これを仏教では『生死一如(しょうじいちにょ)』といいます

 

 

 

 

  • 本堂
  • 境内墓地
  • 聞法会
  • 西善寺概要・アクセス