よくある質問

以下にいくつかよく皆様に聞かれることをとりあげてみました。

質問の他に不明点などありましたら、お電話、または、寺にお越しください。

皆様、分からないことがまず分からないとよく言われます。

ですから、ちょっと不安に思ったり、周りの方に言われたりして、気になられたら、お気軽にお尋ねください。

法要は命日かその前に行わなければいけないのでしょうか?

必ず命日であるかその前にしなければいけないということはありません。

あくまで遅くなって忘れてしまわないようにという戒めであり、

命日と法要がずれても遅いよりは早いほうが失礼ではないだろうという思いからのことでしょう。

ですから、あくまで命日を基準としてその前後で都合のよい日に行えばいいと思います。

命日にあわせることも大事ですが、みなさんがそろって心からお参りできる日であるということも大事なことですから。

法要はどこで行えばいいのでしょうか?

最近はお墓でという方もいらっしゃいますが、本来、法要はお家のお内仏(仏壇)であるか、寺の本堂で行います。

なぜかというと、お墓というのはお遺骨という亡くなられた方が残されたとても大事な遺品が収めてあるとこですが、亡くなられた方はお墓の下ではなく、阿弥陀さんと一緒にお浄土にいらっしゃるからです。

ですから、阿弥陀さんのおられるお内仏(仏壇)か寺の本堂でお参りするのが本来です。

とはいえ、皆様のお気持ちやご都合もありますので、決してお墓でお参りしてはいけないということではありません。

法事のときお寺に持っていくものは何でしょうか?

まず、必ず持ってきていただきたいのが「過去帖」です。

または過去帖の代わりに「御位牌」か「御軸」です。

両方お持ちであれば両方ともお持ちいただいて結構です。

その他のお花、お供え物や写真などは必ずというものではありません。

お持ちになる方もいればそうでない方もいます。皆様の気持ちでお持ちください。

法事の後にお墓にお寄りになるのであればお花などをまず、読経の際に本堂にお供えし、読経の後にお下げして、お墓にお供えするということもできます。

祖父の七回忌と祖母の三回忌が同じ年の七月と十月になります。一緒にしてもいいでしょうか?

一緒に法要をされる方は多くいます。

厳格に言えば別々にするべきなのでしょうが、皆様のご都合もあり、一緒にされるのも一つの有り方だと思います。

お盆のお参りはどうしたらいいのでしょうか?

西善寺ではお盆は七月十三日~十五日と八月十二日~十六日の期間を、お盆参りに充てております。

この期間であれば、西善寺でお盆の法事をするのであればいつでも来ていただいて結構です。

来られた方から順番にお参りしております。

一回の斎場は開放しておりますのでご休憩にお使いください。

また、寺では、期間内に順番に皆様のお家を訪問しお内仏(仏壇)にお参りにあがります。

ご希望の方は寺までご連絡ください。

六月末または七月末にお参りにあがる日時を記した御葉書をお送りします。

お盆のとき、お仏壇はどうしたらいいのでしょうか?

浄土真宗では、きゅうりやなすで牛や馬の人形を作ったりする必要はありません。

普通にお仏壇を綺麗にして花などお供え物でお飾りしていただければ結構です。

また、お仏壇を閉めたりせずに、しっかり開けておいてください。

お焼香は何回するのですか?

浄土真宗では、お焼香は二回です。

また、摘んだお香を額の前にいただくようなこともする必要はありません。

二回したら、摘んで乱れたお香を軽くならして、合掌してください。

何回もお辞儀をしたりする必要もありません。

  • 本堂
  • 境内墓地
  • 聞法会
  • 西善寺概要・アクセス