9月の法語その1

人の欠点に気がつくのは

同じものが我が心にあるからだ

 

他人の行為に腹立てたり、それを注意してみたり。

昔からあることではありますが、最近ではネットのSNSなどでそういった事が

ますます増えているような気がいたします。

仏教では現代を末代悪世といいます。お釈迦様の時代よりはるか遠くなり教えがしっかり伝わらない。

結果、何が善行かもわからず、善行をなしたつもりでもそれが善行ではなく悪行であったり、

人の為と思いながらも自分の為であったり。

そのような時代、皆が同じ迷い惑う凡夫であるのでしょう。

自分もまた同じ欠点を持ち迷い惑う身である。その自覚があってはじめて私たちは阿弥陀仏に救ってくださいと

手を合わすことができるのです。

 

  • 本堂
  • 境内墓地
  • 聞法会
  • 西善寺概要・アクセス