11月の法語その1

どんな時よりも 今が 尊い

 

いつかは誰にでも死が来ます。そして、それが明日なのか今日なのか。

だれにもわかることではありません。

と、まぁ使い古された物言いではあります。

当たり前のことです。皆が知っていることです。

ですが、その当たり前のことを誰も理解していないのです。

この法語を書いている私自身、今日死ぬとも明日死ぬとも思っていないんですから。

それでもいつか必ずその時は来ます。

だから今が尊い。

過去でもなく未来でもない、私が生きている今が尊いのです。

 

  • 本堂
  • 境内墓地
  • 聞法会
  • 西善寺概要・アクセス