西善寺ご紹介

西善寺ご紹介

西善寺の由来・沿革

■創始年月日:元和3年(1617年)

■創始の場所:福井県

■開基:了暁

<主な変遷>

■名称:浄土真宗円寿山 西善寺

■所在地:相模原市双葉1丁目14番2号(昭和47年12月31日当地に移転)

■御本尊:阿弥陀如来(室町中期春日作と伝えられている)

■教義の大要:自利々他

■所依の教典:三部経(無量寿経・観無量寿経・阿弥陀経)

本堂

本堂

昭和47年に福井県より当地、相模原市南区双葉に移転。

その後、昭和57年9月末、門信徒の浄財によって建立された大伽藍。

総建坪が1109平方メートル(340坪)で間口は25メートル、奥行き25メートル、高さが20メートルある重層屋根葺の鉄筋コンクリート造りである。

本堂内陣

本堂内陣

本堂二階には御本尊阿弥陀如来を奉安しております。

全長一尺二寸とやや小さめの木造阿弥陀如来立像で、

元和三年(1617年)に創立されて以来、

西善寺の本尊として受け継がれてきました。

境内

境内

本堂横には庫裏があります。

寺務所などもこちらですのでご用の方はまずこちらに。

境内隣には100台収容可能な駐車場が完備しております。

  • 本堂
  • 境内墓地
  • 聞法会
  • 西善寺概要・アクセス